25 1月 17

MBPPAKU1969_TP_V

合同会社とは会社形態のひとつであり2006年5月に会社法によって施工されました。
近年、数を増していますがその理由のひとつに、設立にかかる費用の安さが挙げられます。
株式会社を設立する場合ですと、登録免許税に15万円、定款承認として5万円の費用がかかるために20万円の資金が必要です。
一方の合同会社は登録免許税の6万円のみで設立可能となっています。
さらには登記手続きに必要な書類も少なく簡便な設立が可能であり、これが大きなメリットとして挙げられます。

株式会社と異なり利益分配の比率の自由度が高いのもメリットです。合同会社ですと社員間で出資比率に関係なく配分を決定でき、定款で比率も定めることができます。
さらには株式総会も不要なために社員同士で相談の上で意思決定をすることができ、フットワークの軽い運営を行うことができるのです。
資金調達がしやすいのも特徴でありメリットと言えます。例えば個人事業主ですと社債の発行もできずに資金調達が難しいことがありますが、
合同会社なら社債も発行可能です。そのため会社設立後に問題になりやすい資金繰りについても解決を図りやすくなります。

一方、合同会社のデメリットに知名度の低さが挙げられます。
株式会社と比較して信頼性が低く見られがちのために人材を募集する際にも人が集まりにくかったり、
合同会社という理由で取引をしてくれない可能性も否めません。

利益配分によって揉めてしまう可能性があるのもデメリットと言えます。
利益配分の自由度が高いのはメリットになる一方、対立が起きてしまう可能性もあり、
それによって業務の執行や意思決定などにも影響する恐れがあります。
さらには社員が出資者であり役員でもありますので余計に問題がこじれてしまうこともあるのです。
上場ができないのも合同会社のデメリットです。株式会社のみが上場できますので、
将来的にもっと有名で大きな会社にしたいという場合は最初から株式会社の方が都合が良いことがあります。
ただし後々になってからの株式会社への移行は可能です。

Filed under: 会社設立

Trackback Uri






7 4月 16

toyota-logo-opt
日本の企業には、利益から法人税を納めることが義務付けられています。
その日本でただ一つ、純利益が2兆円を突破している株式会社ニッポンともいうような存在であるトヨタ自動車が、2009年から2013年の5年間にわたって法人税を払っていないことがわかりました。
日本を代表する企業であるトヨタ自動車がなぜ税金を払わなくて済んだのか、疑問に思う人は多いと思われます。
日本の法人税制では、決算が赤字だった場合には赤字金額を繰り越せるという制度があり、それが赤字繰越制度です。
トヨタの場合、赤字に転落した2010年、2011年にこの赤字繰越制度を活用して税金を払わなかったのは理解できますが、それ以外の時は納税の義務が本来はあったはずです。
それをしなかったということは、赤字繰越制度が納税しなくていい理由ではなく、別の制度があったと考えられます。
それが、外国子会社からの受取配当の益金不算入制度です。
聞きなれない制度ですが、外国の子会社から配当を受け取った場合、その95%が課税対象から外れることになるという仕組みです。
これによってトヨタ自動車の利益の多くが課税対象外となり、結果的に5年もの間、税金を払わなくて済むという仕組みを作り出していたわけです。
海外で積極的に事業展開をしているトヨタ自動車だけに、すべての利益を含めて法人税を支払うことには納得がいかなかったのかもしれません。
ましてやそれが企業の純利益を左右する大きな額ともなれば、会社として利用してきたのも当然といえるでしょう。

Filed under: 未分類

Trackback Uri






23 1月 16

雨漏りの修理方法はいくつかあります。
外壁にできたひび割れや、ドアやサッシの周辺部分の雨漏りの場合は、一般的にコーキングで修理出来ることが多いです。
業者を呼ばず、自分でコーキングを行うことも可能ですが、コーキングはあくまで応急処置のようなものとなっているので、根本的に修理をする補修工事とはいえないことを理解しておくべきです。
また、防水紙や防水テープを新しく貼り直すことによって修理する方法もあります。
外壁面から雨水が浸水してきてドアやサッシの間から水が漏れている場合などは、防水紙を貼り直したり、防水テープ部分の貼り直しを行うことによって修理が出来ます。
一軒家で、屋根の瓦付近から雨漏りがする場合は、瓦の取り換えが効果的です。
瓦は太陽や風に年中さらされていますので、年数がたてば当然劣化していきます。
また、掃除等で屋根に上った際に割ってしまっているケースが原因のこともあります。
また、瓦自体には大きな問題がなくても、その下地に雨漏りの原因がある場合もあります。
建てた当初の施工不良や瓦の下地が問題となっている場合は、新しい下地を施工し、既存の瓦を置き直すような雨漏り修理方法もありますので、専門の修理業者に見てもらって、最適な修理方法でなおしてももらうことがベターです。

Filed under: 未分類

Trackback Uri






31 10月 15

近年、西洋医学を上手に取り入れながら、東洋医学の考えを取り入れる人が増えて来ています。これは、従来の薬の副作用や、症状の改善が難しかった層を中心に、代替的な治療法として、鍼灸治療が注目を集めているからです。
東洋医学と言えば、最も身近な存在に漢方薬治療が上げられます。また、日本では昔からあん摩や指圧といった、からだの凝りをほぐして、症状の改善を行う治療が活発に行われて来ました。
最近では、リフレクソロジーなどのブームから、マッサージやあん摩、そして指圧の資格を目指す若者が増えて来ています。一般的なマッサージと比べても、ツボや経穴などの専門的知識が深められるので、西洋医学では得られなかった、大きな効果を実感する事が多いと言うのです。
鍼灸院を訪れる場合、特別深い理由が無くても大丈夫です。女性の場合は、婦人病や肩こり、冷え性等の改善を目指して通っても構いません。もちろん、高齢者の場合はからだのメンテナンスを兼ねて、鍼灸院を訪れてみても良いでしょう。最近では、家庭でも鍼や艾と言った方法で治療を行う機会は少なくなりました。今でも薬局やドラッグストアでは、気軽にお灸を購入する事は出来ますが、最初は、効果のあるツボや経穴の位置を掴むのは難しいかも知れません。
この様な場合、鍼灸院で何度か治療を受けてみて、自宅で出来るお灸のコツを聞いてみたり、どのような場所が効果を表すのか?鍼灸師さんと話をしながら治療するのも、楽しい経験になるかもしれません…。
鍼をするのは(資格が必要な為)自宅では絶対に無理ですが、鍼灸院で鍼やお灸、あん摩や指圧といった、東洋医学の恩恵を得るのも良い経験です。

鍼灸院に初めて行く場合は?

鍼灸院に初めて訪れる場合は、出来れば周りの口コミ等で訪れる方が良いでしょう。最初は、自分に合った鍼灸師さんを見つめるまで時間が掛かるかも知れません。この為、最初は(近所で)評判の良い鍼灸院で、治療を受けてみる事をおススメします。

Filed under: 未分類

Trackback Uri






10 10月 15

美容師がいつもオシャレに敏感なのは、一種の職業病でしょう。
当然のことながら、美容師になるまでにはいくつもの難関を突破する必要があります。

しかし、一度ちゃんと修行しておけば美容師は一生ものの仕事
専門的な技があるだけに、給料だって高いイメージを持たれがちです。
さて、実際のところはどうなのでしょうか?

またあの人の頼もうと思っていたのに「ここの店は辞めました」って報告をもらったことはありませんか?
その人が良いからといって、わざわざ行けないから諦めてしまうこともあります。

どうしてこんなに、転勤が多いのだろう?と感じる人も多いと思います。
これには、想像以上に厳しい給料事情が大きく関係しているのです。
髪の毛は、放置しておくとドンドン伸びるものです。
確かに伸ばしたままでも、女性ならキュートに男性ならワイルドになることでしょう。

しかし、定期的にカットしないとボサボサに不規則に伸びてしまいます。
そうならないために、およそ一ヶ月でカットするのが一般的です。
つまり、美容院は生活に根付いた職業だと言えます。
思い立った時に、気軽にカットしてもらえるように乱立しているのです。
近くに何軒も競合店があるのは、そのためです。

チェーン展開されていて、大都市圏ほど美容師一人あたりの給与は抑えられています。
どんどん仕事をこなすために、雇っている人数も多いためです。
反対に一日の集客数の少ない地方では、貴重な技術者をよその店に引き抜かれないために設定金額を上げてあるのです。

もちろん、少しでも美容師に必要な資格を多く取ることで給料は高くなる可能性があります。
当然に、経験を積めば積むほど評価も上がっていきます。
想像以上の体力重視の現場に、音を上げない精神的な強さが必要になってきます。

Filed under: 未分類

Trackback Uri