23 1月 16


雨漏りの修理方法はいくつかあります。
外壁にできたひび割れや、ドアやサッシの周辺部分の雨漏りの場合は、一般的にコーキングで修理出来ることが多いです。
業者を呼ばず、自分でコーキングを行うことも可能ですが、コーキングはあくまで応急処置のようなものとなっているので、根本的に修理をする補修工事とはいえないことを理解しておくべきです。
また、防水紙や防水テープを新しく貼り直すことによって修理する方法もあります。
外壁面から雨水が浸水してきてドアやサッシの間から水が漏れている場合などは、防水紙を貼り直したり、防水テープ部分の貼り直しを行うことによって修理が出来ます。
一軒家で、屋根の瓦付近から雨漏りがする場合は、瓦の取り換えが効果的です。
瓦は太陽や風に年中さらされていますので、年数がたてば当然劣化していきます。
また、掃除等で屋根に上った際に割ってしまっているケースが原因のこともあります。
また、瓦自体には大きな問題がなくても、その下地に雨漏りの原因がある場合もあります。
建てた当初の施工不良や瓦の下地が問題となっている場合は、新しい下地を施工し、既存の瓦を置き直すような雨漏り修理方法もありますので、専門の修理業者に見てもらって、最適な修理方法でなおしてももらうことがベターです。


Filed under: 未分類

Trackback Uri