14 8月 15


7 
東芝は21日、不適切会計問題で辞任する田中久雄社長(64)の後任に室町正志会長(65)を充てる方針を固めた。会長職を兼務する。トップの関与で損失を先送りした責任を取り、田中社長は同日夕に記者会見して、同日付で辞任する見込み。前社長の佐々木則夫副会長(66)のほか、前々社長の西田厚聡相談役(71)らも辞任する見通しだ。早期に当面の体制を固めて内外の信頼を取り戻す狙いがある。

 室町氏が会長と社長を兼務する新体制は9月末までに開く臨時株主総会までの暫定となる見通し。室町氏が再発防止策を取りまとめる陣頭指揮をとったうえで新たな社長を選任する可能性もある。三井住友銀行などの金融機関には社外取締役の就任を要請するもようだ。
 室町氏は半導体のエンジニア出身。半導体部門の社内カンパニーの社長や本体の副社長を務めた後、2012年に常任顧問に退いていた。13年に取締役に復帰した。西田氏が会長を退く際、前社長の佐々木副会長が昇格せず、取締役だった室町氏が会長となる異例の人事をたどった経緯がある。
 一方、東芝の不適切会計を調べてきた第三者委員会(委員長=上田広一・元東京高検検事長)も同日夜に記者会見し、調査の詳細を説明する。第三者委がまとめた調査報告書は20日に要約版を公表済み。21日午後には全文を公開する。報告書では歴代3社長が現場に圧力をかけ「経営判断として」不適切な会計処理が行われたと断定している。 


Filed under: 企業ニュース

Trackback Uri