アーカイブ - 10月, 2015



31 10月 15

近年、西洋医学を上手に取り入れながら、東洋医学の考えを取り入れる人が増えて来ています。これは、従来の薬の副作用や、症状の改善が難しかった層を中心に、代替的な治療法として、鍼灸治療が注目を集めているからです。
東洋医学と言えば、最も身近な存在に漢方薬治療が上げられます。また、日本では昔からあん摩や指圧といった、からだの凝りをほぐして、症状の改善を行う治療が活発に行われて来ました。
最近では、リフレクソロジーなどのブームから、マッサージやあん摩、そして指圧の資格を目指す若者が増えて来ています。一般的なマッサージと比べても、ツボや経穴などの専門的知識が深められるので、西洋医学では得られなかった、大きな効果を実感する事が多いと言うのです。
鍼灸院を訪れる場合、特別深い理由が無くても大丈夫です。女性の場合は、婦人病や肩こり、冷え性等の改善を目指して通っても構いません。もちろん、高齢者の場合はからだのメンテナンスを兼ねて、鍼灸院を訪れてみても良いでしょう。最近では、家庭でも鍼や艾と言った方法で治療を行う機会は少なくなりました。今でも薬局やドラッグストアでは、気軽にお灸を購入する事は出来ますが、最初は、効果のあるツボや経穴の位置を掴むのは難しいかも知れません。
この様な場合、鍼灸院で何度か治療を受けてみて、自宅で出来るお灸のコツを聞いてみたり、どのような場所が効果を表すのか?鍼灸師さんと話をしながら治療するのも、楽しい経験になるかもしれません…。
鍼をするのは(資格が必要な為)自宅では絶対に無理ですが、鍼灸院で鍼やお灸、あん摩や指圧といった、東洋医学の恩恵を得るのも良い経験です。

鍼灸院に初めて行く場合は?

鍼灸院に初めて訪れる場合は、出来れば周りの口コミ等で訪れる方が良いでしょう。最初は、自分に合った鍼灸師さんを見つめるまで時間が掛かるかも知れません。この為、最初は(近所で)評判の良い鍼灸院で、治療を受けてみる事をおススメします。


Filed under: 未分類

Trackback Uri






10 10月 15

美容師がいつもオシャレに敏感なのは、一種の職業病でしょう。
当然のことながら、美容師になるまでにはいくつもの難関を突破する必要があります。

しかし、一度ちゃんと修行しておけば美容師は一生ものの仕事
専門的な技があるだけに、給料だって高いイメージを持たれがちです。
さて、実際のところはどうなのでしょうか?

またあの人の頼もうと思っていたのに「ここの店は辞めました」って報告をもらったことはありませんか?
その人が良いからといって、わざわざ行けないから諦めてしまうこともあります。

どうしてこんなに、転勤が多いのだろう?と感じる人も多いと思います。
これには、想像以上に厳しい給料事情が大きく関係しているのです。
髪の毛は、放置しておくとドンドン伸びるものです。
確かに伸ばしたままでも、女性ならキュートに男性ならワイルドになることでしょう。

しかし、定期的にカットしないとボサボサに不規則に伸びてしまいます。
そうならないために、およそ一ヶ月でカットするのが一般的です。
つまり、美容院は生活に根付いた職業だと言えます。
思い立った時に、気軽にカットしてもらえるように乱立しているのです。
近くに何軒も競合店があるのは、そのためです。

チェーン展開されていて、大都市圏ほど美容師一人あたりの給与は抑えられています。
どんどん仕事をこなすために、雇っている人数も多いためです。
反対に一日の集客数の少ない地方では、貴重な技術者をよその店に引き抜かれないために設定金額を上げてあるのです。

もちろん、少しでも美容師に必要な資格を多く取ることで給料は高くなる可能性があります。
当然に、経験を積めば積むほど評価も上がっていきます。
想像以上の体力重視の現場に、音を上げない精神的な強さが必要になってきます。


Filed under: 未分類

Trackback Uri